メットライフドームでのライブ帰りの混雑回避方法をまとめてみた

オタ活
スポンサーリンク

メットライフドーム(西武ドーム・以下「メラド」と略する)って、結構いろいろなジャンルの音楽ライブやるよね!僕もラブライブ!サンシャイン!!のライブで何度か行ったことがある。

周辺の環境が穏やかでライブに無関係な方が周辺を殆ど出歩いていないので、開場前から同じアーティストのファンで駅周辺が埋まり、他会場にはない「開場前からの一体感の大きさ」は間違いなくメラドが群を抜いていると思う。飲食店こそ少ないが、ライブ慣れしたコンビニがあるので食事は割と問題ない。

反面、ライブ終演後の帰路の電車が半端なく辛い。首都圏なのに終電を気にしなければならない。

ライブ会場としては一長一短ある所。

今回は、メラドでのライブ帰りのあの辛い混雑に巻き込まれる時間を少しでも短く、そしてより確実に楽をして帰る手段をまとめてみた。

所沢や東京西側の鉄道事情をあまり知らない、他地方から遠征してきて、都心でホテル等を確保している方にぜひ見てほしい内容となっている。もちろん、ここに記載する方法は首都圏在住の方にも活用できる方法だ。

まず周辺の鉄道事情を把握しよう

図に書くとこんな感じになる

デカデカと大まかな路線図を書いた。都心への帰路を想定し、関係しそうな路線を書いてみた。

地図に記載していない路線は?

  • 多摩モノレール(上北台駅)

ライブ帰りに約3km歩くくらいなら混雑に向かっていった方が良いと思う。ただし、自宅が多摩モノレール沿線で道に迷わない方であればひとつの方法として検討する意味はある。

  • 西武新宿線(所沢→本川越方向)

沿線の方東武東上線の川越~小川町方向へ帰る方向けの帰宅ルート。

  • JR武蔵野線(新秋津駅)

所沢の1駅池袋寄りの「秋津駅」で下車し5分程歩くと「新秋津駅」からJR武蔵野線に乗れる。武蔵野線沿線の方はもちろん、埼京線京浜東北線、ひいては大宮以北の宇都宮線・高崎線ユーザーに最適な帰宅ルート。

以上の3つの方法で帰れる方は割と首都圏の電車に乗り慣れている方が使うルートだと想定されるので、地図では省略したものの、池袋まで乗り通すより混雑を少しでも回避出来るので、是非乗り換えて各路線で移動してほしい。

スポンサーリンク

都心へ楽に帰るためには

池袋行きに乗っても所沢で乗り換える!

え?と思う方もいるだろうけども、上の路線図を見てほしい。

メラドから帰るには、緑色の電車に乗るわけだけど、これは激混み。ところが、西所沢駅からオレンジの線が加わる。これは飯能(はんのう)や小手指(こてさし)駅から来る電車を示している。実は、このオレンジの線の電車が空いているのである。

ではなぜ、西所沢駅ではなくて所沢駅での乗り換えを推奨するか。

西所沢駅と所沢駅の違い

引用元:https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/nishi-tokorozawa/

実は、西所沢駅では飯能駅や小手指駅から来る電車は4番線から発車している。しかし、西武球場前駅から乗ったライブ帰りの満員電車は、1番・2番線に到着する。全く別のホームなので乗り換えのための階段の上り下りが発生してしまう。加えて、電車によって1番線に着くか2番線に着くか、着くまでどちらかが分からない。仮に乗っている場所と反対側のドアが開いたとしても、満員電車の中を反対側まで移動するのはかなりキツい。ましてや、不慣れな方が多く乗っている電車であるがゆえに、なかなか動いてくれない。それもそのはず、不慣れな場所の知らない駅で一旦降りて他人を通す、なんていうのは不安で出来ない人が多い。

では所沢駅はどうか。

引用元:https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/tokorozawa/index.html

かなり複雑な地図だが、乗り換えで見るのは黄緑色のホーム部分だけだ。

飯能駅や小手指駅から来る電車も、西武球場前駅からのライブ帰りの満員電車も、全て3番線に着く。なので、同じホームで乗り換えができるし、必ず進行方向の左側のドアが開く。1駅我慢する区間が増えるものの、西所沢駅と段違いで分かりやすい。しかも、それなりに乗り換えで降りる人がいるので降りそびれる可能性も低い。

なので、所沢駅で乗り換える、と帰りはこれだけ覚えて頂ければと思う。

乗り換えるメリットは他にも

ライブ帰りの満員電車より早く池袋駅に着ける可能性

これはAqoursの3rdライブ(2018年6月)終演後の電車の発車案内だ。英語のタイミングで撮ったので見づらいものの…

急行 池袋 21:15

各停 清瀬 21:24

快速 池袋 21:28

急行 池袋 21:34

このように並んでいる。急行や快速はともかく、各停清瀬行きは所沢の2駅先でもう終点だ。しかし、所沢駅で乗り換えるとなればこの電車も使えるので、10分に1~2回の本数が使える。

https://seibu.ekitan.com/pdf/20210313/235-16-1-1.pdfから一部抜粋・2021年3月13日改正 所沢駅 池袋方面土休日ダイヤ

変わって、今度は所沢駅の時刻表。西武球場前駅から所沢駅は大体直通電車で12分程度で移動出来る。この時刻表は臨時のものではなく、日常、つまり毎日運転する電車の時刻表。2021年3月改正の土休日ダイヤで見てみると、池袋に行く急行・快速・準急電車がそれなりの数走っている。急行電車が1時間に2~3回ある。実は、どういうわけだか、ライブ帰りの臨時電車を普段から走っている急行電車が抜くことがあるのだ。

満員電車で時間が掛かるか、あとの飯能駅から来た空いている急行電車で池袋に早く行くか。そりゃ後者が良いに決まっている。

早く帰る必要が無くても、所沢駅に行けば空いている電車がこれだけ来るんだ、と頭の片隅に入れておくだけでもいいと思う。

新宿線に乗り換えて新宿東口のホテルに直帰

同じ所沢駅の乗り換えで西武新宿線も使える。所沢駅で乗り換える場合、同じホームを3番線から2番線に移動するだけで階段の上り下りが無いので、こちらも楽に乗り換えができる。

本数は10分に1回程度と池袋線よりは少ないが、歌舞伎町に近い西武新宿駅に移動することが出来るので、新宿東口エリアでホテルを確保している方はぜひ使って欲しい。

電車に乗る前にこれだけは見ておこう

ライブが終わり、やっとの思いで駅の改札を通過。すると、画像のような並び方でたくさんの電車が並んでいる。この見える部分は最後部の車両となり、画像奥に進行する。所沢駅は進行方向左側のドアが開くので、画像のように2台並んでいたら左側にホームがある電車に乗ると所沢駅で降りやすくなる。

改札上部の発車案内を見て、2番目か3番目の電車であればなおさら良い

※一番最初に発車する電車は既に乗れなくなっている可能性があるため。

まとめ

メラドでのライブ帰りの電車の混雑回避の方法は、進行方向左側のホームの電車に乗り込み所沢駅で一旦降りる。新宿に行くなら新宿線に乗り換える、池袋に行くなら後に来る空いている電車に乗り換える。ライブ後の疲れ方が結構変わってくると思うので、「メラドの帰りがダルいんだよな~」と嘆く前に実践してほしい。

コメント

  1. ひろ より:

    今回虹ヶ咲は参加しないけど凄く参考になった。
    今後のために覚えておきます。

    ありがとうございますm(_ _)m

タイトルとURLをコピーしました